« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月24日 (火)

藤ヶ谷CC月例杯初参加と分析

引退後のゴルフ生活の為に昨年会員になった近所の藤ヶ谷カントリークラブの月例杯に初めて参加しました^^ 入賞資格の過去3ヶ月プレー数が満たなくて賞は頂けませんでしたが、藤ヶ谷CCでのベストスコア90とベストパット30を出すことが出来ました。
現在の公式ハンディキャップが19ですので月例杯でのワンアンダーはとても満足のいく結果でした。どの辺りが良くなってどの辺りにさらなる改善の余地があるか?を把握するために、統計分析を行います。

(1)2015年平均と過去2回の藤ヶ谷CCのスタッツ:

3

(2)データのグラフ化:

1

2

上記スタッツから下記自己分析結果を導きました。

・パターの改善(37→30)が一番スコアアップに効いているが、今月取り組んでいるパッティング改良だけでなくアプローチの精度も向上している。

・2015年平均と比べると藤ヶ谷CCでの過去2回は、ドライバーの鉛張り効果とスィング改良で右左の振れ幅が縮小、結果としてフェアウェイキープ率も大きく改善され、OB率も月例杯では目標以下のゼロを達成した。

・しかし月例杯ではOBにこそならなかったがドライバーのスライスで4回林に入り6番アイアンで出すだけとなっており4打損をしている為、このスライス改善が次の目標となる。

・また藤ヶ谷CCはグリーン周りのバンカーが効いている設計ですが、バンカー率27%は高すぎる。バンカーショット自体は2月17日のプレーで同伴者から指摘された改善ヒントを実施、月例杯ではバンカー全て一発で脱出できており、バンカーに入ったホールの平均スコアはボギーなのでスコアへの影響は少ないが、もしバンカーに入らずグリーンに乗っていればパーが取れていたはず。その意味で第二打(150-170ヤード)の精度向上も次の目標だが、5回とも右にスライスしてバンカーに入っており、ドライバーと同じくスィング自体の改善が来月の課題です。

上記から、今日のレッスンでは鈴木プロにスィングを再チェックして貰いましたが、ここ2週間で修正はしているのですが従来のドローを狙った過度なインサイドアウト軌道の影響でヒッティング直後に左肩が上がりアッパブロー気味になり、まだプッシュアウトスライスが出ていることが判りました。今日のレッスンではtake back→topでフェースを開かない事とダウンスイング→ヒッティング→フォロースルーの間、両肩の高さが変わらないで両肩の位置を入れ替えるレベルなスィングの練習を行いました。練習後半では打音が変化しスライスが消え、ストレートか軽いフェードの軌道で真正面に飛ぶ様になりましたヽ(´▽`)/  しばらくはレベルなスイングを心掛けます。

 この改良フォームを今週木曜日の藤ヶ谷CCでのプレイで試してみますが、練習場とコースでは状況が違うので、大きくは期待しないで気楽に振ってみま〜す(*´ェ`*)

ここまで読まれた方は⇩をクリックして投票お願いします^^

にほんブログ村 ゴルフブログ シニアゴルファーへ
にほんブログ村

2015年2月19日 (木)

私の教本

どんなスポーツも若い時に始めるのが一番上達が早いのは自明の理です。世界中のオリンピック強化選手は皆Jr時代から厳しくトレーニングされていますし、テニスの錦織君もJr時代に才能を見出されています。ゴルフでもリディア・コーや松山選手は小さい時からゴルフに親しんでいます。ですから、還暦過ぎてからゴルフをうまくなるのは至難の技と思っていましたが、サラリーマンをやりながら中年過ぎてから頑張ってシングルになった人の本を読んでから考えが変わりました。最初に読んだのは山口信吾氏の《月イチゴルファーが無理なくシングルになれる72の法則》でした。

Img_4436

著者は43歳でゴルフを始めたサラリーマンで、52歳から競技会参加で真剣にゴルフに取り組み始めシングル寸前まで到達、その後57歳で師匠となるコーチに出会い2年でシングルになった人ですが、この山口さんのシングルへの道を分かりやすく72の法則に纏められた本です。プロゴルファーやゴルフコーチとの一番大きな違いは、体へのフォームや打感の刷り込みが可能な若い時にはゴルフをまったくやっていない普通のサラリーマンが、仕事と同じ目標や計画や問題点把握等のPDCAサークルを論理的に回して達成した方法論である点で、私のトレーニング方法や取り組み方法も、山口さんの本を教本としてお手本として活用させて頂いています。先月、山口さんの最新の著書《死ぬまでゴルフ! ゴルフ人生を全うするための18訓

→ Img_4437

を読みました。現在71歳の山口さんが一生ゴルフを楽しみ続ける為の秘訣を述べられていますが、前出の本と前半は共通点も多いのですが、後半はイギリスのリンクス探訪を含め、如何にゴルフ人生を楽しむか?に力点が置かれています。山口氏は私より10歳年上ですので、お会いしたことはないのですが心の中では大先輩として目標にさせて頂いておりますdelicious

最後まで読んだら・・・⇩ クリック! にほんブログ村 ゴルフブログ シニアゴルファーへ
にほんブログ村

2015年2月 7日 (土)

2月の課題進捗

前回書きましたが、2月の課題の一つは・・・2月は体が回るまでのティーショットは距離よりフェアウェイキープに重きを置き、狭いホールでは3WやUTで打つ事とドライバーやFWも高く上げるのではなくランを稼げ風に強い低い弾道を心がける事にします”  でした。この課題に最適な機会が今週ありました。実は2年半前から有楽町→大森→柏と場所は変わりましたが同じ師匠(鈴木プロ)に師事しており、ほぼ週一回1時間強のグループレッスンを受けています。引退以後の柏スクールでは時間帯的に人数も少ないので、かなり個人的な指導も頂いていますが、この柏スクールの生徒さんのコンペ(4組)が2月4日に習志野CCでありました。初参加だった事もありボランティア参加してくれた鈴木コーチと同じ組に入れて貰い、ティーショットの課題のチェックをお願いしました。結果から言うとほとんどのドラーバーショットが右にプッシュアウトでフェアウェイキープ率はゼロ、辛うじて2回使った3Wのみフェアウェイに飛びましたが、これでは課題解決とは言えません。力みすぎとかhead behind the ballとかスィング軸のブレとか、幾つか指導頂き努力したのですが、根本的な解決には至りませんでした。しかしゲーム終了後に、「FWのスィングはおかしくないので、一つ提案です。冬場は体が回らずいつものしなりや重さを感じにくくなります。私もドライバーに貼ってますが、冬は鉛をドライバーのソールに貼るという方法で、重さを感じながら体幹でゆったりショットする対策があります」との御指南でした。

今まで一度も鉛を貼った事がないので翌日にネットで検索、するとぴったしの記事を発見、試打レポートで有名なマーク金井さんの記事です → http://www.analyze2005.com/?p=1063

で、この記事のオススメに沿って、ヘッドのソールのヒール側(プッシュアウトしているのでボールの捕まりが良くなる慣性モーメントを増やす側)に5gと、シャフトの手元側に5g(これでクラブ全体で10g増量ですが、トップとボトムのバランスはほとんど変わらず) 鉛を貼りました → 写真参照
Img_4455 Img_4456

ゴルフ練習場では先代のドライバー(プロギアID455 307g)と今のドライバー(Ryoma D-1Maxima Type-D 297g)の両方を持ち込み、冬場ゴルフの朝一番のブクブクの服装で鉛を貼る前の打ち比べをしましたが、10gの差があるのに2つのドライバーのほとんどのショットではプッシュアウトまたはスライスで、脳で記憶している程は体が回らず、ヘッドはすこし開いてヒッティングゾーンに降りて来る事を確認しました。そこで二つのドライバーに同じ方法で鉛を貼り再度打ってみると、両クラブ共に高弾道な球が飛び出しました。Ryomaの方(鉛後307g)はストレートの打球、プロギアの方(鉛後317g)は高弾道に飛び真っ直ぐ伸びて最後にドローが掛かるというハイドローな球筋になりましたヽ(´▽`)/  来週のレッスンで両クラブでの打球を鈴木プロにチェックして頂き最終形態を決めたいと思っていますが、10gの鉛でここまで変わるとは、本当に驚きましたΣ( ̄ロ ̄lll)

日本ブログ村のゴルフカテゴリー参加〜 最後まで読んだ人は↓バナークリックお願い〜 にほんブログ村 ゴルフブログ シニアゴルファーへ
にほんブログ村

2015年2月 2日 (月)

2015年1月の戦績結果と反省、2月の課題

1月は寒いし、朝はフェアウェイが凍っていたりするのであまり積極的にはゴルフはしなかったのですが、それでも3回プレーしましたので戦績結果を下記します。

< 2015年 1月>

 プレイ日        ゴルフ場                  スコア   パッティング                                        

 

1

 
 

2015/01/20

 
 

勝浦東急ゴルフコース

 
 

97

 
 

36

 
 

2

 
 

2015/01/09

 
 

玉造ゴルフ倶楽部捻木コース  

 
 

90

 
 

34

 
 

3

 
 

2015/01/03

 
 

利根パークゴルフ場

 
 

104

 
 

36

 

 

 平均ストローク:97 平均パット数:35 平均バーディー率:0

 平均パー率:20 平均ボギー率:42  平均ダブルボギー率:23

 平均トリプルボギー以上率:12  フェアウェイキープ率:49 

 右に外す率: 20 左に外す率: 12  OB発生率:5  

 ペナルティ率:12%   バンカー率:14  サンドセーブ率:0 

 パーオン率:10%   ボギーオン率:51  

新年初打ちは近所の利根パークで高校時代の同級生達と零下の寒さでスタートしましたが、ティーショットからカーンカーンと良い音をしてボールが跳ねたり、凍ったベアグランドからのアプローチでザックリしたりして、最初のホールで大叩きをして104になってしまいました^^;

2回目は玉造ゴルフクラブ捻木コース、晴天の暖かい日和で気持ち良くプレーして90で回り、ちょうど日本ハム協賛の新ペリエオープンコンペで順位は40人中25位で、飛び賞のハム盛り合わせをゲット〜 やはり冬は天候次第と再認識した日でした^^;

3回目は暖かい房総の勝浦東急ゴルフコースでしたが、日差しはあるのですが海に近く風が強くて、ブラインドが多く戦略性の高い初コースの攻略に失敗して97でした。


1月のプレーの反省と2月の課題抽出ですが、1月はフェアウェイキープ率49%・OB率5%・ペナルティ率12%が大問題、寒い冬で体が回らないティーショットの精度向上と凍った地面への攻略方法です。 

2月は
体が回るまでのティーショットは距離よりフェアウェイキープに重きを置き、狭いホールでは3WやUTで打つ事とドライバーやFWも高く上げるのではなくランを稼げ風に強い低い弾道を心がける事にします。またアプローチもSWやAWでは無く7−8番での転がしを多用します。

最後まで読まれたら下記バナーをクリック御願いします^^ にほんブログ村 ゴルフブログ シニアゴルファーへ
にほんブログ村

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

日本ブログ村