« 2015年2月の結果と3月目標 | トップページ | スイングとは? »

2015年3月 4日 (水)

ゴルフレッスン

数年前に太平洋クラブゴルフアカデミー有楽町校の夜のクラスに入り、毎週一回仕事帰りに1時間グループレッスンを受けていました。その後、大森に転校しましたが、昨年引退後は近所の柏のゴルフ練習場の少人数のグループレッスンで週一回習っています。運良く同じサミー鈴木プロに継続して習っていますので、私の上達具合や悪い所、癖もしっかり把握されており、いつも的確な指摘・指導を受けていますが、なにせ60歳前後で真剣に学び始めた生徒ですから、長い間に身に付いた自己流の悪癖を一掃するのは大変で、上達の遅い生徒で師匠に迷惑をお掛けしてます^^;

さて、今日は右膝を痛めた以降の初レッスンでしたが、幸い右膝は全く問題ありませんでした^^ 今日のレッスンでとても役に立ったポイントをいくつかご紹介します。

1。《静的ストレッチと動的ストレッチ》、この話題はNHKの「ためしてガッテン」で紹介されたお話として教えて頂きましたが、運動前のストレッチ(静的ストレッチ)は可動域を拡大し怪我予防に有効というのがスポーツ界の常識でしたが、実は可動域は広がるものの伸びたパンツの紐と同じで筋力は一時的に低下し関節が緩み捻挫や怪我を招くケースもあるとの事で、今ではブラジルサッカーの体操の様な、動かしながら80%位伸ばす(動的ストレッチ)が能力アップと怪我防止に有効とのお話で早速今週からゴルフ前に活用します。詳細は「ためしてガッテン」のHPを見てください。

2。前回のブログで書きました様に、3月の課題も《FACEの開きを抑え、肩の入れ替えをレベルなスイングで実現する》でして、特にフォロースルーで左肩が上に上がりアッパースイングになる癖を抑え、take backでボールに正対した左肩とフォロースルー時の右肩の高さを変えないレベルなスイングの練習をしましたが、時々ダウンスイングで右肩が突っ込み必然的に左肩が上がる癖(強く打ちに行く癖)が出てプッシュアウトスライス気味の球が出てました。これを安定化させる為に受けた指導が、
「球とスタンスには1m位の位置の差があり、フィニッシュでボールの着地点に身体を向けるのでは回転が不十分でボール落下点よりもう少し左側まで体を正対させる必要がある。セットアップで球とクラブフェースの向きを着地点に合わせたら、イチローがやっている様に左手でクラブを立てて、肩のラインが目指している方向(ボール落下点よりもっと左)を確認、フォロースルーはその位置までしっかり肩を回す」でした。実際に打ってみるとダウンスイングを始めた時にスイングの終着点(フィニッシュの位置)が明確になったので、途中の肩の位置は水平な回転の中に含まれてしまい、意識しなくてもスムースにレベルな肩の回転ができる事が分かりました^^ 今月はこの体の使い方を反復練習して、悪癖を無くす努力をします。

ここまで読んで頂いてありがとうございます^^ 下記タグのクリックをお願いします ⇩ にほんブログ村 ゴルフブログ シニアゴルファーへ
にほんブログ村

« 2015年2月の結果と3月目標 | トップページ | スイングとは? »

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64633/61229914

この記事へのトラックバック一覧です: ゴルフレッスン:

« 2015年2月の結果と3月目標 | トップページ | スイングとは? »

フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

日本ブログ村