« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月29日 (水)

オープン競技初参加

昨日は 《2015パブリックダブルススクランブルゴルフ選手権》 前期Aブロック第一次予選会に友人とダブルスを組んで参加してきました。ゴルフ場は元大林組のデイスターゴルフコース東→西、フルバックで6,685yardsあります。昨日はまるで真夏日で30℃近くまで上昇しましたが、風も結構あったので、気持ちよくプレーできました。

競技方式はスクランブル方式、ティーショットを二人で打ってベストショットを選び(一人最低7回は選択必要)、第二打以降もパッティングを含むホールアウトまでベストボール選択します。90台で回れるゴルファーペアなら頑張ればパープレイを目指せると思います。

結果は 
   をクリックしてください。前半は初めてのコースで初めての競技方式で、二人してかなりバタバタして5オーバー(パー4ボギー5)でしたが、後半は少し慣れてきてパープレイ(バーディ2パー6ボギー2)でトータル77の5オーバーで24チーム中17位、予選通過は16位まででしたので1打差に泣きましたが、辞退がでると繰り上げ通過も可能(同スコアなら年齢で勝てる!笑)との事で5月中旬まではドキドキです^^

今回の結果はあまり良くありませんが、この競技会参加でゴルフ脳がかなり鍛えられました。平均的なゴルファー2人でベストボールを選択すれば、フルバックでもパープレイが可能な訳で、要はシングルプレイの疑似体験となりました。今回学んだ要点を下記します。



第一にパターの重要性です。一緒に回ったチームは一人がプロ並みの飛ばし屋さんでフェアウェイのはるか彼方センターにいつも居ましたし、もう一人の方も私よりはずっと飛ぶし正確、毎ホール、ティーショットは距離的にも場所的にも完全に置いていかれてましたが、上がってみると私たちペアと同じか、私たちの方が良いスコアだった事も多かったです。その原因の一つはパッティングでした。私たちペアはワンパットが6回あり、その内4回はかなりの距離のロングパットでしたが、これを決めれた事がスコア差になりました。この4回ともに一緒に回ったチームの方が後打ち、つまり私たちのボールの方が遠くに乗ったのです。自画自賛になりますが、2回のバーディと2回の危機的な状況でのパーセーブは私のロングパットが入った為でしたが、これは(1)友人と私で何度もパッティングラインの傾斜や方向を議論して決めた読みと彼が先に打って見せてくれたラインが当たっていた(2)前回のブログで書いたロングパット改善で、友人のシングルプレーヤのアドバイス(ライン3分割法)と毎日のロングパット練習で、読んだラインにまっすぐに伸びのある球を打てた事、この2点(ライン読みとまっすぐ伸びのあるストレートを打てる事)がスコアメイクに最重要である事を実感できました。



第二に寄せのアプローチの重要性です。一緒に回ったペアの内の一人はスピンの掛かった素晴らしい第二打でピンそばに落とす事もしばしばありましたが、飛ばすだけに二人してグリーンを外す事もそれなりにありました。私たちペアはパーオンは半分以下でボギーオンが多かったですが、両ペアの差はアプローチで、私たちは二人とも2パット圏内に確実に落とせてましたが一緒に回ったペアは大きくショートしたりグリーンを外したりと距離感があっていませんでした。グリーン周りのアプローチで一番大事なのは縦の距離感だという事を実感しました。私たちは相談しながら状況に応じてピッチエンドラン、転がし、ファーっとあげる球等(低い球でスピンを掛けて寄せる技は封印^^;)を選んでましたが、距離は私が弱め相方が強めという2種類の打ち方で良い方を選んでましたが、それでもピンを大きく外す事はなかった事が差を生みました。



第三にグリーンに乗せる位置の重要性です。 上記しました様に私たちペアは強め弱めでアプローチして、原則的に2パットが可能な近い方を選んでましたがそれでも3パットが2回ありました。この2回はボール位置への判断ミスでした。昨日は競技会という事もありホールは必ず斜面に切ってあり、つまり登りと下りと横(フックかスライス)というラインが残るセッティングだったのですが、私たちは同じ狙った登りラインに乗る事も多かったですが、完全にバラけたラインに乗る場合もありました。3パットの時はラインの難しさよりは距離が近いアドバンテージを優先して選択した結果、第一パットが下りで、二人とも大きくホールを外してしまった事が問題でした。距離かラインか? 普通の自分のプレイだけだと比較はできませんが、スクランブルは毎回ベストショット選択なので、グリーン上での距離とラインの選択の差がスコアに直結します。今回分かった事は極端な差がない場合はラインの方が距離より重要であり、アプローチで狙うゾーンをもっともっとシビアに考えて打つべし!という事を学びました。

上記3点は教科書に必ず出てくる重要ポイントなのですが、今回のシングルプレー疑似体験で、明確に頭と体で理解できた事がとても大きな収穫です。


他にも反省点(ティーショットは私が距離はでないがフェアウェイキープの安全サイド、相方はバーディ狙いの長距離という戦略でしたが、結果は二人ともフェアウェイキープできていない事が多かった等々)は多々ありますが、次回同じ競技をやればパープレーで回る自信はできましたので、各自のショットの正確性をもう少し練習して高めて、次回のチャンスを待ちたいと思います。

ここまで読まれた方は下記のバナーをクリック御願いします^^

にほんブログ村 ゴルフブログ シニアゴルファーへ
にほんブログ村

2015年4月26日 (日)

ゴルフはミスをマネージメントするゲーム

先週のレッスンでアプローチに関してプロから、(1)レートヒット(セットアップのハンドファーストをヒッティングでも維持して手よりヘッドが遅れてボールに当たる) (2)ボールを潰す(ボールの芯より下で地面より上にリーディングエッヂを斜めに入れる事でスピン回転をボールに与える)、この二つができないとシングルには成れませんよと指導を受けました。頭では分かっている積りだったのですが、勇気を持ってボールを潰すまで打ち込んでいなくて、人工芝のマットの滑りに甘えて曖昧にファジーにクラブヘッドをボールの下に入れてました^^; 

そこで反省して、より分かりやすいビジュアルな説明をネットで探したら、アマチュアのシングルプレイヤーの解説ブログを発見しました → チョッコンバックスピンアプローチ

理論的で実践的な分かり易い説明をいっぺんで気に入りました^^ それで今週の練習ラウンドに即取り入れ、数回良い感じのアプローチができたので、本日の競技(4月月例)に直ちに本番導入をしましたが、悲惨な結果を迎えました。今日最初のアプローチがプレッシャーの掛かるバンカー越え、しかもバンカーに近いピンポジション、このチョッコンバックスピンアプローチがうまくいけばワンパットで行ける〜と思ってしまった事が悲惨な結果を招きました。ろくに練習していないショットを朝一番の一番プレッシャーの掛かる状況で選択したのですから当たり前なのですが、自信のなさげな中途半端なアプローチはショートしてバンカー直撃^^;、舞い上がって打ったバンカーショットは大きくグリーンをオーバー、それ以降は自信をなくしたミスショットの連発で1日の競技を終えました。結果は2年間のワーストスコアとなりましたーー;
その後反省しきりなのですが、ここで思い出したのがプロより強いアマチュアと言われた日本ゴルフ界の至宝、中部銀次郎氏の名言でした。

スウィングを乱したりミスショットをするのは肉体運動、すなわち形而下の運動を、精神運動、すなわち形而上の心の作用が阻害したりするためだ 〜 中部銀次郎

冷静に考えれば、碌に練習していない習いたてのショットを、プレッシャーの掛かる競技で使えるはずもないのですが、実は練習での良い感じが頭に残っており、実践でもうまくいくはずと前夜から思い込んでいました^^; 
ミスショットを打つ前に、いつもの、スピンがまったく掛かっていない高い球で行こうかな〜っと頭を瞬間よぎったのですが、前夜からの思い込みがスピンショットを肉体に要求して、やはり、見事に失敗しました^^;
「頭で分かっている」と言うのは頭の妄想であり、現実的で実際的な肉体は、練習していないのですからその頭の命令を逐行する肉体的レシピを持ち合わせていないのでした^^;

「ゴルフはミスをなくすゲーム」とは、よく言われる言葉ですが、より深く考えるなら「ミスをマネージメントするゲーム」であり、更に深く考えるなら中部さんの言葉に行き着きます。「自分の肉体が一番できる事を、肉体にプレッシャーを掛けないで自然にやらせてあげる事が、頭、つまり精神のお仕事」なのです。

今月は頭で考えた高いレベルのゲームプランを考えてましたが、自分の肉体ができるレベルを超えたゲームプランを頭が望んでいたという事に気が付きました^^; 

来月は肉体優先、尾崎将司プロが石川プロに言われた「一万回打っておけ!」ではないですが、
ひたすら練習して自動的に身体が動けるスイングのみを使ってゲームを組み立てる事にします。


ここまで読まれた方は、下記のバナーをクリック御願いします^^

にほんブログ村 ゴルフブログ シニアゴルファーへ
にほんブログ村

2015年4月18日 (土)

藤ヶ谷CCのスコア分析へのコメント

前回の藤ヶ谷CCのスコア分析と対策に関して、シングルプレーヤーの友人2名がコメントやアドバイスを寄せてくれましたのでご紹介します。実際にアマチュアでシングルまで上り詰め、そのレベルを維持できている二人のアドバイスは非常にありがたいです。期待に応えるべく精進します^^;



1。同級生のG君
G君 「 パーオン率とパット数の相関関係が如実に出ていますね。パーオン率が上がるとパット数が増える、パーオンが少ないとパット数が少ない。パーオンは遠くへ乗ることが多いので、3パットも増えるのに対し、パーオンしないときはアプローチで乗せるので比較的近いミドルパット以内だから3パットは少なくワンパットも増えるということなんですね。現段階のパーオン率のボギープレーヤーならもっとパット数が少なくていいと思います。課題はロングパットではないでしょうか?70台を目指すなら、それに加え、ハーフで3つのパーオンを目標にして欲しいですね。ロングパットが上達すればパーオンした3Hはパー(かバーディ)、残り6Hの内半分寄せワンパーを取れば39というわけです。これを基準に、パーオンを狙うホール、寄せワンを狙うホール、ボギーでヨシとするホールを組み立てては如何でしょう。


(1)パーオン率とパット数の因果関係はその通りで、自分としてはパーオンを狙う時、藤ヶ谷は手前にバンカーが多いのでどうしても奥に付けに行ってますので、これをバンカーに入らない手前花道に落とすか、アイアンの方向性と距離の精度を上げてグリーンセンターに落とせる様になるかで改善したいと思っています (2)3パット撲滅のためのもう一つのロングパット上達は毎日5mの練習をしていますのでこれが徐々に功を奏することを期待します^^;(3)シングルレベルの目標設定、仰る通りなのですがまずは今の目標(86)を達成、その次のレベルアップで目標とします。」


G君 「 実戦でのコツですが、ロングパットは距離を3分割すると距離感が出易くなります。まず、一番近い1/3の距離(大概5m以内だから家で練習の範囲で距離感が分かってる)に素振り、次に2/3の距離に素振り、最後にホールまでの距離に素振りをすると段階的に距離感をつかめます。パーオンが狙えるかどうかは、同じホールでもピン位置などによって変わります。だから、ホームコースのホールバイホールの戦略でパーオン狙いのホールとしていても、ピン位置や風向きなどによって寄せワン狙いに変える臨機応変さがパーセーブには大事ですね。各ホールの戦略を事前に立てるのは良いことですが、あくまでも目安でしかないんです。
「ありがとうございます。参考にさせて頂きます^^」



2.若き元K社同僚O君
O君 ブログ見ましたがGQC(Golf QC)という新しい分野の開拓ですね。 スタッツ見ると、シングル入りする為にはダボ・トリプルを減らす必要がありますよね。34パットはそんなに悪くないと思いますし、(32パットくらいがシングルの平均と思います)OB率は高くないですよね。フェアウェイキープも50%以上あるのに素ダボ・トリが多いという事は、チョロ的なショットが多いとか、林に入るショットが多いとか、あるいは無理にパーを狙っているとか、そういうことでしょうか・・・ 」
私 「Blog読んでくれてありがとうございます。ヽ(´o`;  確かにQC(品質管理手法)ですね(笑) ダボやトリを無くしたらシングルは見えるとは思いますが、この理由はまだゴルフ頭が出来ていない問題だと思い、ホームコースでのホール毎の攻め方
を作りましたので、パーやバーディを狙うホールとボギー確保するホールを明確に
明確に分けるゲームプラン作りに専念して、次回対戦の5/24は90を切ります! 」
このやり取りの後、自分の「ゴルフ脳」に関しては気がついた点があり、次回ブログでご紹介します。

ここまで読まれた方は下のバナーをクリックください。

にほんブログ村 ゴルフブログ シニアゴルファーへ
にほんブログ村

2015年4月14日 (火)

4月以降の藤ヶ谷CC月例杯目標設定

挑戦している《シングルハンディキャップ》は、昨年入会しホームコースとなったご近所の藤ヶ谷CCの現状ハンディ19を10以下にする活動なので、ここで2015年度の藤ヶ谷CCでの6回のプレーのスタッツを下記表に纏めてみました。

1
6回の平均スコアは96でベストは2/22に初参加した月例杯での90、ワーストは4/5の開場祭コンペでマークした101ですが、スタッツ的には(1)パターのばらつきが大きい(ベスト29ですが高麗グリーン 、ワースト36ですが運営開始したばかりのベント) (2)バンカー率が総じて高い(3)スコアが悪い日はトリプルボギー以上率が高いの3点が特徴で、1−2月に問題であったフェアウェイキープ率やパーオンボギーオン率には大きな問題はありませんでした。ハンディキャップを下げる為には安定的にハンディ以下のスコア(93以下)を出さなくてはならず、ホール毎の問題点や癖の把握が必要なので、6回分のプレーのホール毎の分析をさらに行いました。
2
この分析の結果、うまく攻略できているホール(左側のホールデータが水色)失敗しやすいホール(左側のホールデータがピンク色)がはっきりしました。また右側の実際のスコアに対しトリプルボギー以上(黄色)3パット・バンカーx2・OB等のトラブル(ピンク色)で区分けしたので、失敗の原因もわかり易くなりました。この一覧表を見ながらコースレイアウトを睨めっこして、パーを意識して狙って攻めるホールと失敗や大叩きをしない為のボギー確保のホールを明確に分け、ホール毎の戦略と目標を設定しました。特に3パットはアプローチでの落とし所が悪い事が主因なので、カップ手前からパッティングラインを考えた落とし場所を狙います。
3
4/9の平日杯で不本意なスコア(97)で準優勝した時に、指導を仰いでいる鈴木プロからは「準優勝は準優勝、自信を持ちしかし反省するところは締めてください。上手くなるコツは半分反省半分褒める事です」と指導を受けましたので、上記メリハリの効いた戦略と目標で今月末の2回目の月例杯に挑戦するつもりです^^。

ここまで見られた方は下記のバナーをクリック御願いします^^

     にほんブログ村 ゴルフブログ シニアゴルファーへ
にほんブログ村

2015年4月 8日 (水)

右膝から腰痛〜各種対策開始

右膝の故障は90%治ったのですが、まだ正座や胡座がかけません。膝の奥の筋が完治しておらず、膝を回す動きや膝を折りたたむ動きには奥の方での鈍痛がでるので、赤坂の整骨院で週一回治療を続けています。最近はゴルフの翌朝に膝ではなく、前傾すると腰からお尻右足の太ももまで痺れる様になった為、今日の治療ではちょうど右側坐骨神経の一本のラインに沿って腰〜お尻〜太もも〜膝〜脹脛まで針を打たれ、そこに電流を流した電気針の治療を受けました^^; 

20代の時からギックリ腰を数回経験、同じ赤坂の整骨院で毎回直して貰って、年に1〜2回はメンテナンスを兼ねた治療も継続していますが、おそらく右膝の故障の真因は長年の腰痛から来ていると思いますので、日々の生活の中に腰痛改善のトレーニングや痛み緩消法を取り込む事にしました。


1。腰痛改善の為の動的ストレッチ:
3月4日の記事で一端に触れましたが、 NHKの「ためしてガッテン」で紹介された動的ストレッチを毎日のトレーニングに取り入れています。ブラジルサッカー選手や野球のマエケンさん等、実践されているプロスポーツ選手たちはたくさんいるのですが、一般人が無理をしないで手軽にできる方法を探してましたが、北海道新聞がYoutubeにアップした「ダイナミックストレッチ」 (動画にリンクしてますのでクリックしてください)が最適だと思います。この中の上級者向けではない一般向けの方法はいつでもどこでもできるし、負荷も高くなく、中長期での効果が期待できます。


2。腰痛解消法:
Img_4846
痛み専門院院長の坂戸孝志博士の腰痛解消法は、数年前から上の本を買って読んでいたので知ってはいたのですが、それほど痛みが強くなかったので実践しないでいましたが、今回は昨日から自己治療を始めましたが、整骨院の電気針治療との相乗効果もあると思うのですが、背中〜お尻にかけての痺れや痛みはかなり解消されました。本だけだと判りにくい部分もあるので、テレビ神奈川で放映された坂戸博士の実演ビデオ をご紹介します。
まだ始めたばかりでお勧めするレベルまで体感していませんが、簡単ですし副作用があるとも思えない方法論なので、もし腰痛にお悩みの方がいらっしゃれば試されたはいかがでしょうか?

3。歩行法:
2月19日の記事、「私の教本」でご紹介した山口信吾氏の本の中には「大の字腹筋体操」「真向法」「股関節歩行」「ダンベルスクワット」等の可動域拡大と必要な筋力強化のプログラムが紹介されています。この中の真向法はかなり前から毎日のストレッチに織り込み済みですが、今回は「股関節歩行」を毎日の散歩に取り入れました。私たちは通常の生活では「ひざ歩行」を行っています。足が地面に着いた時に少し膝が曲がり、その曲がった膝を太ももの表の筋肉で伸ばして歩行してますが、猫背になりやすく腰痛にも良くない姿勢となります。「股関節歩行」では膝を伸ばして着地してお尻と太ももの裏側の筋肉を使って股関節を動かすことで前に進みます。ある人が言ってましたが頭の中に水素ガスを入れたつもりで、頭を上に上げ顎をしめて背筋を伸ばし、代わる代わる左右の股関節の上に乗りながら歩くイメージで、例えればモデルの様な歩き方ですが、股関節周りの筋肉強化にとても役に立ち腰痛予防効果もあると思っています。


ここまで読まれた方は下のバナーのクリックを御願いします^^

にほんブログ村 ゴルフブログ シニアゴルファーへ
にほんブログ村

2015年4月 2日 (木)

4月1日お花見コンペで優勝〜

週一回グループレッスンを受けていますサミー鈴木ゴルフスクール@柏ゴルフでは、受講生主催で不定期にサミーゴルフコンペを行っています。私は2月4日習志野CCクイーンコースで初参加でしたが、ティーショットが定まらずフェアウェイキープ率0%と最悪で、101という不本意なスコアでした^^; この最悪の経験が2〜3月の主要課題としてドライバーショット改善活動に優先的に取り組んだ理由だったのですが、昨日は同じ習志野CCクィーンコースでサミーゴルフお花見コンペがあり、改善の成果を試す絶好のチャンスを頂きました^^ 

結果は満開の桜の下、グロス91ネット70(HC21)の2アンダーでなんと、優勝できましたhappy02
習志野CCでのリベンジが出来た事と参加2回目で優勝できた事がとても嬉しかったです。

前回の記事で載せました4月目標と昨日のコンペの結果を比較してみます:
1
昨日のクィーンコースはベントのAグリーンでしたが、グリーン面のコンパクションが硬くボールが止まりにくいセッティングに加え、シーズン始めの為か芝が生え揃っておらずカップ周りでクルッと逃げられるケースが多発、3パットを5回もしてしまいました^^; それでもスコアが目標以下であったのは、取り組んでいるドライバーショットの安定化が功を奏しフェアウェイキープ率が85%と非常に高く、パーオン・ボギーオン率が良かったお陰でした。反省点は3パット(曲がる早いグリーンでは最初のパットは距離感最重視で2パット圏内に必ず納める)以外ではOBとペナルティが各1回出た点なのですが、クィーンコースは距離は短いのですが随所に池や樹木やバンカーが配置されティーショットにプレシャーが掛かります。12番の有名な池に沿ったパー5で、設計者の罠にハマったのと17番のパー3で視野の半分を占める池にハマりました^^; 視野に入るハザードを意識から消す作業と、ティーグランドでの立ち方(だいたいハザードに向いています)や打ち出す方向のセッティング(罠に絶対にハマらないライン)をもっと工夫しなくてはいけないと痛感しました。
優勝賞品はマッサンに因んだウィスキーの山崎でした! 
やった(笑)

Img_4770
ここまで読まれた方は下のバナーをクリック御願いします。

にほんブログ村 ゴルフブログ シニアゴルファーへ
にほんブログ村

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

日本ブログ村