« 4月1日お花見コンペで優勝〜 | トップページ | 4月以降の藤ヶ谷CC月例杯目標設定 »

2015年4月 8日 (水)

右膝から腰痛〜各種対策開始

右膝の故障は90%治ったのですが、まだ正座や胡座がかけません。膝の奥の筋が完治しておらず、膝を回す動きや膝を折りたたむ動きには奥の方での鈍痛がでるので、赤坂の整骨院で週一回治療を続けています。最近はゴルフの翌朝に膝ではなく、前傾すると腰からお尻右足の太ももまで痺れる様になった為、今日の治療ではちょうど右側坐骨神経の一本のラインに沿って腰〜お尻〜太もも〜膝〜脹脛まで針を打たれ、そこに電流を流した電気針の治療を受けました^^; 

20代の時からギックリ腰を数回経験、同じ赤坂の整骨院で毎回直して貰って、年に1〜2回はメンテナンスを兼ねた治療も継続していますが、おそらく右膝の故障の真因は長年の腰痛から来ていると思いますので、日々の生活の中に腰痛改善のトレーニングや痛み緩消法を取り込む事にしました。


1。腰痛改善の為の動的ストレッチ:
3月4日の記事で一端に触れましたが、 NHKの「ためしてガッテン」で紹介された動的ストレッチを毎日のトレーニングに取り入れています。ブラジルサッカー選手や野球のマエケンさん等、実践されているプロスポーツ選手たちはたくさんいるのですが、一般人が無理をしないで手軽にできる方法を探してましたが、北海道新聞がYoutubeにアップした「ダイナミックストレッチ」 (動画にリンクしてますのでクリックしてください)が最適だと思います。この中の上級者向けではない一般向けの方法はいつでもどこでもできるし、負荷も高くなく、中長期での効果が期待できます。


2。腰痛解消法:
Img_4846
痛み専門院院長の坂戸孝志博士の腰痛解消法は、数年前から上の本を買って読んでいたので知ってはいたのですが、それほど痛みが強くなかったので実践しないでいましたが、今回は昨日から自己治療を始めましたが、整骨院の電気針治療との相乗効果もあると思うのですが、背中〜お尻にかけての痺れや痛みはかなり解消されました。本だけだと判りにくい部分もあるので、テレビ神奈川で放映された坂戸博士の実演ビデオ をご紹介します。
まだ始めたばかりでお勧めするレベルまで体感していませんが、簡単ですし副作用があるとも思えない方法論なので、もし腰痛にお悩みの方がいらっしゃれば試されたはいかがでしょうか?

3。歩行法:
2月19日の記事、「私の教本」でご紹介した山口信吾氏の本の中には「大の字腹筋体操」「真向法」「股関節歩行」「ダンベルスクワット」等の可動域拡大と必要な筋力強化のプログラムが紹介されています。この中の真向法はかなり前から毎日のストレッチに織り込み済みですが、今回は「股関節歩行」を毎日の散歩に取り入れました。私たちは通常の生活では「ひざ歩行」を行っています。足が地面に着いた時に少し膝が曲がり、その曲がった膝を太ももの表の筋肉で伸ばして歩行してますが、猫背になりやすく腰痛にも良くない姿勢となります。「股関節歩行」では膝を伸ばして着地してお尻と太ももの裏側の筋肉を使って股関節を動かすことで前に進みます。ある人が言ってましたが頭の中に水素ガスを入れたつもりで、頭を上に上げ顎をしめて背筋を伸ばし、代わる代わる左右の股関節の上に乗りながら歩くイメージで、例えればモデルの様な歩き方ですが、股関節周りの筋肉強化にとても役に立ち腰痛予防効果もあると思っています。


ここまで読まれた方は下のバナーのクリックを御願いします^^

にほんブログ村 ゴルフブログ シニアゴルファーへ
にほんブログ村

« 4月1日お花見コンペで優勝〜 | トップページ | 4月以降の藤ヶ谷CC月例杯目標設定 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64633/61410300

この記事へのトラックバック一覧です: 右膝から腰痛〜各種対策開始:

« 4月1日お花見コンペで優勝〜 | トップページ | 4月以降の藤ヶ谷CC月例杯目標設定 »

フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

日本ブログ村