« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月26日 (金)

スイングで気を付けている幾つかのポイント

シングルを目指して以降、ゴルフスィングの安定の為に細かな技術的課題を自らに課していますが、スィングを言葉で表現するのはとても難しいのでブログではあまり紹介していません。

現在取り組んでいるテーマはアプローチやバンカーショットの精度向上と同時にショットでのプッシュアウトスライスや引っ掛けというフェアウェイを外れる曲がり幅の球筋をなくし、持ち玉にしようとしている軽いフェードとほぼストレートに近いドローをある程度打ち分けれる技術を身に付けようと目論んでいます。その為に練習やプレイでチェックしているポイントがありますのでご紹介します。

スイング時に全てのチェックポイントを同時にチェックしている訳でなく、素振り段階で1〜2点を気に留め、スィングした結果のフィードバックをしながら次のショットで同じ点や違う点を再チェックするという繰り返しで、自分のショットイメージと実際のギャップを埋めていく方法です。教習本にあるゴルフ理論の一般的な実践方法やチェック方法とは少し違い、自分の中で頭と肉体を近づける為の私の肉体言語なので、ピンとこない人もいらっしゃると思いますがあくまで参考としてお読みください。

1。ショット:

左二の腕の筋肉の山の位置(右側に軽く閉じてドロー系、左側に軽く開いてフェード、中間でストレート)をセットアップで意識する

このセットした左腕のラインを曲げないで直線的に縦にテークバック

・ テークバックでは頭の位置を変えないで、上体部と肩を水平な円軌道で後方に回す(肩をしっかり回す)

クラブフェースをなるべくシャットに上げてフェース開閉を最小化

・ 右手の平が空を向くトップの位置からわき腹始動でダウンスイング開始、ハーフウェイダウンまで右手の手の平を空に向けてボールに向かってまっすぐに左腕を落としていく(タメの保持)

体重が左に移り、手とクラブが遅れてレートヒッティングを迎え、左手を外旋させながら肘をたたみ込み右腕を打球方向に伸ばす(アームローテーション)

・ダウンスイングで左足を踏み変えない。両足ベタ足でヒッティング

上体が打球方向にしっかり向き両腕を空に高く上げるフィニッシュ


2。アプローチ: 

手首固定し体重移動なし、左腕リードのボディーターンでボールの先の地面にウェッジの刃を落とすイメージ → 基本はフェース面の下から斜め上にボールが走る事でスピンを掛ける。ボール高さや着地後の足の長さはボール位置とフェースの開きで調整

3。バンカー: 

両足をしっかり踏み固め、重心位置を下げて深く構え左足に少し体重を掛け体重移動なしにボール下の砂を大きくグリーンまで飛ばすイメージで、クルッと回転、フィニッシュでは上半身を着地点に向けるまで振る

ここまでお読み頂いたら下記のバナーをクリック御願いします。

にほんブログ村 ゴルフブログ シニアゴルファーへ
にほんブログ村

2015年6月13日 (土)

ホームコース藤ヶ谷CCでのスクールコンペ

太平洋クラブ有楽町スクール時代からゴルフ指導を受けています鈴木プロ主催の毎週火曜日グループレッスン@柏ゴルフ、2ヶ月ごとに先生と生徒のミニコンペを行っています。前回は4/1習志野CC、ブログで既報の様に優勝しましたので今回は私が幹事役、昨日6月12日ホームコース藤ヶ谷CCで雨の中4組で楽しく実施しました。結果はグロス92、HDCP15でネット77で準優勝、ベスグロとニアピンも頂きました^^ 賞品は下記〜


Img_5140

スタートから雨でしたので藤ヶ谷CCはキャンセル続出だった様で、昨日は見た感じだと私たち以外に4−5組しかおらず、ゴルフコース独占状態でのびのびプレーできました。しかし、雨が降ったり止んだりで特にラフとグリーンの状態が微妙に変化、コンペ参加者はなかなかスコアが伸びませんでした。

私は鈴木プロと同じ組でしたのでコンペ半分コースレッスン半分という感じだったのですが、後ほど反省しますが
師匠に良い所を見せようと言う欲が藤ヶ谷CCでの初90切りを阻害しました゚゚(´O`)°゚

下表が昨日の結果と今年の藤ヶ谷CC スタッツとの比較です:

1

過去7回との比較ですが、ほとんどのスタッツが大きく改善されている中、トリプルボギー率とOB率が悪化しています。4ホールでトリプルボギーを叩き同時にOBも発生していますので、この4ホールの失敗の原因分析を行います。先月作成した下記藤ヶ谷CC攻略プランとの比較で反省します。

3

(1)アウト5番ホール:
調子が良かったので1Wでティーショット、プラン通り左側を捉えるも3Wよりかなり飛ぶので左の木がスタイミーになる良くないポジション、6番アイアンでうまく木の下を潜ってフェアウェイに落とすもガードバンカー越えのプレッシャーの掛かる場所、速いグリーンを怖がって打った3打目AWの70yardsショットはショート、もう一度AWで打ったアプローチは若干グリーンオーバー、置いてはいけないグリーン上の面からの5打目パッティングはショートで3パットトリプルでした。上記のゲームプランから反省すると、そもそも1Wで右OBを避けて左寄りに打った事がミスの始まりです。攻めと守りを同時に行うのは戦略的ミスです。5番は統計的にも難しいホールですので守りに徹して3Wでティーショットしポジション重視の3オン2パットを狙うべきですが、先生に良い所(ドライバーの飛距離)を見せようとして失敗しました( ̄○ ̄;)!

(2)イン10番ホール:
ランチ後のティーショット、ゲームプランでは80%のティーショットで右側でしたが、リキんだミスショットは200yardsも飛ばないで雨で重くなった右側のラフに沈んでいました。ここで距離を稼ごうと5Wを強振してトップのチョロの2打目、3打目は反省してユーティリティでフェアウェイセンターキープ^^ これなら4オン2パットで計画通り!とほくそ笑み、残り120yardsを雨で叩かれると考えて大きめの8番アイアンを強振、キャディーさんから”ナイスショット!番手通りの良い仕事です”と冗談を言われて、行ってみると明確にグリーンオーバーでした^^気落ちして5オン3パットでトリプルスタート。反省点は前回のブログにも書いた無茶なクラブ選択に尽きます。2打目はユーティリティでセンターキープを選択すべきですし、4打目も本来のゲームプランのレイアップからのアプローチ4打目ではないのに、挽回しようとしてグリーンをデッドに狙う気持ちが大きめのクラブを選択してしまいました。7番と9番しか持っていなければ絶対9番でグリーン手前に落としているからです。

(3)イン16番ホール:
ゲームプランは”勝負したくなるが4Uでセンターキープ”、昨日は調子が良いので3Wを選択、コース右端をまっすぐ飛んだ球は枝に当たり統計通りに右の崖に落ちてOBでした。これもクラブ選択ミスです。

(4)イン18番ホール:
前の17番でドライバーで素晴らしいティーショットを打てた事が、プランでは3Wでバンカー避けるのにドライバーを選択して統計通りにバンカーに入りました^^; ライが悪くなかったので17番で2オンできた7Wを選択、ナイスショットでしたが最後で失速してガードバンカーへ。ピンまで25yardsの悪くないライでしたが3オンへの欲からヘッドアップでトップしOBでトリプルを叩きました。ティーショットの選択は今でもドライバーで良かったと考えていますが、雨の中バンカーから2オンを狙ったのでが気違い沙汰でした。レイアップを狙いショートアイアンかユーティリティで絶対にバンカーに入らない番手を選択すべきでした。


4個のトリプルの反省点を纏めます:
1。全てのホールで攻める考えは捨て、力まずに平静に打てるリスク最小化を基本のゲームプランとする
攻めと守りを明確に分け、攻めはある程度のリスクを計算した上でパーやバーディを狙い、守りはボギーかパーで良しとする。
2。上記ゲームプランを冷静に保守的に絶対に守りプラン外の欲は捨てる
3。ミスショットした時は一旦安全な場所に出す!挽回狙いはミスの連鎖
4。クラブ選択を常に安全サイドでリスクが少ない選択を行う

しかし良い点もありました。それは下記:
1。前回ブログでご紹介したドライバーの新シャフトと新3Wを使いこなせる様になってきた。これで自信を持ってティーショットを振っていけます。
2。鈴木プロにも改善したと言われましたが、生芝練習中のアプローチがだんだんスムースに打ててきている。鈴木プロからは”ゴルフに自信は重要、しっかりした練習量が自信に繋がります”と。
3。1パットが4回、0パットが1回、パッティング練習の成果とライン読みの向上が出来てきています。練習あるのみ!


ここまで読まれた方は下記バナーをクリック御願いします。

にほんブログ村 ゴルフブログ シニアゴルファーへ
にほんブログ村

2015年6月11日 (木)

クラブ本数を減らしてプレー

前回の記事の後、シングルの腕前の友人から提案がありました。FB上のやり取りの一部をここで紹介します。

G氏:ダボトリがまだまだ多いのが80台に行けない壁ですね。少しずつ改善の兆候はあるようですが、ダボトリを減らすゴルフに技術の向上はホンの少しだけでよく、ゲームプランやメンタルの問題が8割以上です。これを鍛えるいい方法は、少ないクラブでラウンド練習することです。自分でよ~く考えてクラブを6本選択し+パターの7本でラウンドすると、嫌でも色々考えてプレーすることになり、実はスコアがかえって良かったりします。また、フルセットでの日頃のプレーでは如何に難しいクラブ選択をしてしまっているか?にも気付かされますよ。

私:Gさん
のゴルフ閑話第58話を読みました。明日は成田のイーグルレイクGCバックティで2サムラウンドですが、狭くて池の多い戦略性の高い短め(6400)のコースなので、先ほど本数を抑えた時のゲームプランを作ってみました。結果的に7本は無理でしたが8ー9本でボギープレーで回れるプランを作成、実際に現場ではほとんどのホールで安全第一にグリーン手間のフェアウェイからボギーオンを狙う戦略ですので、更に使用本数は限定できると思います。明日はトミー・アーマー氏の言う《コースをプレイする》を実践してみます。

さて、その結果ですが・・・
1
ご覧の通り、池が多かったので池ぽちゃペナルティ一回以外は、すべてのスタッツで1ランク以上レベルアップできています。
イーグルレイクGC(クリックするとHPに跳びます) は初めてのコースでしたが、フェアウェイは狭く随所に池やバンカーが配置され、アンジュレーション豊かな丘陵コースで至る所に設計者の罠が配置されていましたが、結果が良かった理由は下記3点に集約されます。
(1)フェアウェイキープ率向上の為にRyoma D-1 Maxima DRIVERのリシャフトを行いました。新しいシャフトはやはりRyoma Golfの新製品 ”beyond power" (クリックすると商品紹介ページに跳びます) 、たけしが宣伝しているので聞き覚えのある方もいらっしゃるかも知れません、Flexが∞と言う変わったシャフトなのですが、近所のゴルフ工房のリシャフト試打会で打たせて貰ったら、フルショットでも80%ショットでも球筋に変化がなく曲がる気配がまったくないのが気に入りました。当日は新シャフトの試し打ちの意味もあり5回使いましたが、慣れてないので飛距離はまだまだでしたが全てフェアウェイを捉えてくれました。今後が楽しみです。
また、距離がなく狭いミドルホールのティーショット用にミニDRIVER(飛ぶ3番FW)を探していたのですが、このリシャフト試打会に茨城の地クラブメーカーさんが参加されており、勧められて試打した
Docus DCF701 14.8° オリジナルシャフトS (クリックすると商品紹介ページに跳びます)が目的にぴったりのクラブで、ティショットで使うと直進性が高く癖のないまっすぐな球筋で210-220yardsをコンスタントに稼ぐことができる事が分かり衝動買い(笑)、ちょうど前日に届いたのでこの3Wの試し打ちも兼ねていましたが、9回中7回は200Yards超えで狙った地点に止まったくれました。残り2回は力んでの打ち急ぎのミスショットでしたが、プッシュアウトで右側のラフに止まってくれ、初期の目的を果たしてくれました。

上記2本の新兵器がフェアウェイキープ率85%となった理由で、今後のラウンドがとても楽しみになって来ました。

(2)前回の記事で書いたように、6月以降は初めてのコースでも見知ったコースでも、事前に全ホールの攻略プランを作る事にしました。今回はタイトルにもなった《少ない本数でプレイ》戦略でしたので、リスクを避けた無理のない安全なボギーペースのプランでした。結果は意外にもそれ以上、特に前半Outは8番まで2オーバーのパーペースの結果(パーオン4回、ボギーオン4回)となりました。その理由の半分は次の(3)でご紹介しますが、事前に無理のない攻略プランを作り、そのプラン通りにプレイした事も好結果に繋がった理由の一つです。

(3)さて、本題の《少ない本数でプレイ》戦略ですが、友人G氏のオススメはパター含めて7本でした。今回は上記ティーショットのテストの意味もありましたのでティーショット系を厚くし、1W,3W,5W,4U,7I,9I,PW,AW,PTの9本を使いました。事前のゲームプランはショートを除きグリーン手前から寄せワンを狙うボギーオン戦略でしたが、実際にはどうしても2打目3打目のグリーンまでの残り距離がバラツキました。しかし選択できるアイアンは7I,9I,PW,AWの4本しかありません。アプローチショットを打つ時のハザードの位置、グリーンの形状と傾斜、グリーン奥の状態、風等全ての要素をティーショットから考え、実際の残り距離で若干の攻め方の修正を行うという《考えるゴルフ》の繰り返しでした。

例えば残り130Yardsで砲台気味の小さなグリーンの場合、14本ある時はなにも考えずに8番アイアンのフルショット、つまりピンを刺すナイスショットを前提に戦略なしにクラブを選んでいました。今回は、7Iだとうまく打てた時はグリーンオーバー、当たり損ないでグリーンオンかスライスで右ラフ、9Iだとほぼ確実に110-115yardsでショートするがミスショット確率は低く花道に落とせると考え、9番アイアンで最初から花道を狙って力まずに打てます。結果は通常の8Iフルショットより良いのは自明の理なのでした。また135Yards残りの場合は7Iで90%位にスイング幅を抑えて打ちましたが、グリーンオンできました。最大の学習ポイントはクラブごとの自分がもっとも確実に打てる距離(ナイスショットの飛距離ではなく)と方向性を常に考慮して、フルショットではなく確率の高いクラブとショット(スイング幅)
常に選択する点です。

またSWを入れていなかったので、徹底的にバンカーを避けましたがそれでも2回入りました。しかし結果はAWを開いて打つ事で難なく脱出しグリーンオンできました。ウェッジの汎用性や応用性の高さを実感しましたし、その為のFACEや軌道コントロールの練習が必要な事も実感できました。

この
《少ない本数でプレイ》は:
a:起こりうる全ての可能性を確率で考え、もっとも安全で確実なクラブと打ち方の選択を強要される

 
b:ホール全体のハザートやリスクのある場所をティーショット段階で把握し、リスクを徹底的に避けるゲームプランを作らざる得ない

という2点を実際に体感できます。そしてその結果は最初に載せた表の通りです。

確かに(1)で述べたティーショットの新兵器投入成功も良いスコアの要因の一つですが、普段のプレーでは飛距離への誘惑からメインは1Wで時々3Wとなるはずです。しかし今回は
《少ない本数でプレイ》戦略から、その真逆にメインを3Wでティーショットした事で高いフェアウェイキープ率を出せました。上記b:で述べた徹底的にリスクを避けるゲームプランが大きく生きた結果だと思っています。今後のプレイで今回の学習効果を試してみます。


ここまで読まれた方は下記バナーをクリック御願いします。

にほんブログ村 ゴルフブログ シニアゴルファーへ
にほんブログ村

2015年6月 1日 (月)

5月総括

5月は10日に座骨神経痛を発症、2週間以上プレーはしないで治療に専念していましたが、課題であるアプローチやパター練習、スーパーシャット君を使ったスイングのドリル等は無理にならない範囲で実行していました。5月28日の姉ヶ崎CCからプレー復帰しましたが、プレー後半や翌日に少し痛みが出たりするので、まだまだコントロールショット主体のプレーですが、そこそこ廻れるまで回復して来ています^^

1。5月総括:
1
上記表の5月結果の中で、ピンクに塗られている部分は4月より改善できなかったデータであり、水色に塗られている結果は改善されたスタッツなのですが、課題進捗と合わせて分析します。

課題(1)のティーショット等のプッシュアウトスライス低減ですが、フェアウェイキープ率とOB率ペナリティ率が若干改善されてはいますが、まだ課題が残っています。この点は後ほど6月の課題として整理します。

課題(2)の2打目以降のアイアンショットの精度向上ですが、パー+ボギーオン率が3月から 48%→59%→65%と大きく改善しており、その結果としてダブルボギー・トリプルボギー率が減っているので、練習の効果はでていると思います。

課題(3)のアプローチ精度向上ですが、今月後半に投入したフォーティーンのC030ウエッジのお陰でバンカーに不安が無くなりました。アプローチはスピンを効かしたピッチ&ランが不慣れですが、それ以外は段々慣れてきて上手く打てるようになってきています。スタッツから見ると課題(2)との関連もありますが、ダブルボギー・トリプルボギー率低減とボギー率アップに現れていると思いますが、本来のシングルレベルの目標からいけば、寄せ名人となる為にはまだまだ練習が必要です。

2。6月の課題:

6月の課題抽出の為に、5月の結果の個別データを見ることにします。
2
結果は一目瞭然なのですが、5月30日のさいたまGCの結果が大きな反省点になります。さいたまGCは複数の友人がメンバーであり、今回が3回目の挑戦でした。山岳と林間の中間のコースですが、高低差のあるレイアウトで全コースにアップダウンがあり、まっすぐなコースは少なくフェアウェイのアンジュレーションと相まってブラインドショットや狭い狙いのショットが数多く必要になります。

通常は事前にコースレイアウトをプリントアウトし、コースの写真を見ながらコース攻略方法を決めるのですが、なぜかこのコースの攻略マップは作っておらず、前回が1年以上前であった事とバックティーでのコンペ形式でのプレイが相まってOBとペナルティ連発でスコアを崩してしまいました。


(1)6月以降の最初の課題は、知っている知らないに関わらず、コース攻略マップを必ず作る事とプレイ中にマップを見ながら、障害物、高低差、ハザードの位置や距離を確実に把握しながら、一打一打を大切に慎重にショットする事です。

(2)ティーショットのプッシュアウトスライス撲滅を目指します。RyomaのD-1Maxima ドライバーのリシャフトを行い、ヘッドの戻りが少し早くなるセッティングに変える事と、先月から始めたシャットに上げてシャットに下ろす、フェースの開閉を抑えたスイングでスライスを無くします。

(3)生芝・生砂の練習場を活用したアプローチとバンカーショットの練習を継続しますが、今月は闇雲にたくさんボールを打つのではなく、一打一打場所を変え、明確に狙いを定めて90%以上をワンピン圏内に落とす、”目指せ寄せ名人” 練習を開始します。

ここまで読まれた方は下記のバナーをクリック御願いします。

にほんブログ村 ゴルフブログ シニアゴルファーへ
にほんブログ村

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

日本ブログ村