« ホームコース藤ヶ谷CCでのスクールコンペ | トップページ | 6月総括 »

2015年6月26日 (金)

スイングで気を付けている幾つかのポイント

シングルを目指して以降、ゴルフスィングの安定の為に細かな技術的課題を自らに課していますが、スィングを言葉で表現するのはとても難しいのでブログではあまり紹介していません。

現在取り組んでいるテーマはアプローチやバンカーショットの精度向上と同時にショットでのプッシュアウトスライスや引っ掛けというフェアウェイを外れる曲がり幅の球筋をなくし、持ち玉にしようとしている軽いフェードとほぼストレートに近いドローをある程度打ち分けれる技術を身に付けようと目論んでいます。その為に練習やプレイでチェックしているポイントがありますのでご紹介します。

スイング時に全てのチェックポイントを同時にチェックしている訳でなく、素振り段階で1〜2点を気に留め、スィングした結果のフィードバックをしながら次のショットで同じ点や違う点を再チェックするという繰り返しで、自分のショットイメージと実際のギャップを埋めていく方法です。教習本にあるゴルフ理論の一般的な実践方法やチェック方法とは少し違い、自分の中で頭と肉体を近づける為の私の肉体言語なので、ピンとこない人もいらっしゃると思いますがあくまで参考としてお読みください。

1。ショット:

左二の腕の筋肉の山の位置(右側に軽く閉じてドロー系、左側に軽く開いてフェード、中間でストレート)をセットアップで意識する

このセットした左腕のラインを曲げないで直線的に縦にテークバック

・ テークバックでは頭の位置を変えないで、上体部と肩を水平な円軌道で後方に回す(肩をしっかり回す)

クラブフェースをなるべくシャットに上げてフェース開閉を最小化

・ 右手の平が空を向くトップの位置からわき腹始動でダウンスイング開始、ハーフウェイダウンまで右手の手の平を空に向けてボールに向かってまっすぐに左腕を落としていく(タメの保持)

体重が左に移り、手とクラブが遅れてレートヒッティングを迎え、左手を外旋させながら肘をたたみ込み右腕を打球方向に伸ばす(アームローテーション)

・ダウンスイングで左足を踏み変えない。両足ベタ足でヒッティング

上体が打球方向にしっかり向き両腕を空に高く上げるフィニッシュ


2。アプローチ: 

手首固定し体重移動なし、左腕リードのボディーターンでボールの先の地面にウェッジの刃を落とすイメージ → 基本はフェース面の下から斜め上にボールが走る事でスピンを掛ける。ボール高さや着地後の足の長さはボール位置とフェースの開きで調整

3。バンカー: 

両足をしっかり踏み固め、重心位置を下げて深く構え左足に少し体重を掛け体重移動なしにボール下の砂を大きくグリーンまで飛ばすイメージで、クルッと回転、フィニッシュでは上半身を着地点に向けるまで振る

ここまでお読み頂いたら下記のバナーをクリック御願いします。

にほんブログ村 ゴルフブログ シニアゴルファーへ
にほんブログ村

« ホームコース藤ヶ谷CCでのスクールコンペ | トップページ | 6月総括 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64633/61796830

この記事へのトラックバック一覧です: スイングで気を付けている幾つかのポイント:

« ホームコース藤ヶ谷CCでのスクールコンペ | トップページ | 6月総括 »

フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

日本ブログ村