« 5月の課題、練習方法と新兵器 | トップページ | クラブ本数を減らしてプレー »

2015年6月 1日 (月)

5月総括

5月は10日に座骨神経痛を発症、2週間以上プレーはしないで治療に専念していましたが、課題であるアプローチやパター練習、スーパーシャット君を使ったスイングのドリル等は無理にならない範囲で実行していました。5月28日の姉ヶ崎CCからプレー復帰しましたが、プレー後半や翌日に少し痛みが出たりするので、まだまだコントロールショット主体のプレーですが、そこそこ廻れるまで回復して来ています^^

1。5月総括:
1
上記表の5月結果の中で、ピンクに塗られている部分は4月より改善できなかったデータであり、水色に塗られている結果は改善されたスタッツなのですが、課題進捗と合わせて分析します。

課題(1)のティーショット等のプッシュアウトスライス低減ですが、フェアウェイキープ率とOB率ペナリティ率が若干改善されてはいますが、まだ課題が残っています。この点は後ほど6月の課題として整理します。

課題(2)の2打目以降のアイアンショットの精度向上ですが、パー+ボギーオン率が3月から 48%→59%→65%と大きく改善しており、その結果としてダブルボギー・トリプルボギー率が減っているので、練習の効果はでていると思います。

課題(3)のアプローチ精度向上ですが、今月後半に投入したフォーティーンのC030ウエッジのお陰でバンカーに不安が無くなりました。アプローチはスピンを効かしたピッチ&ランが不慣れですが、それ以外は段々慣れてきて上手く打てるようになってきています。スタッツから見ると課題(2)との関連もありますが、ダブルボギー・トリプルボギー率低減とボギー率アップに現れていると思いますが、本来のシングルレベルの目標からいけば、寄せ名人となる為にはまだまだ練習が必要です。

2。6月の課題:

6月の課題抽出の為に、5月の結果の個別データを見ることにします。
2
結果は一目瞭然なのですが、5月30日のさいたまGCの結果が大きな反省点になります。さいたまGCは複数の友人がメンバーであり、今回が3回目の挑戦でした。山岳と林間の中間のコースですが、高低差のあるレイアウトで全コースにアップダウンがあり、まっすぐなコースは少なくフェアウェイのアンジュレーションと相まってブラインドショットや狭い狙いのショットが数多く必要になります。

通常は事前にコースレイアウトをプリントアウトし、コースの写真を見ながらコース攻略方法を決めるのですが、なぜかこのコースの攻略マップは作っておらず、前回が1年以上前であった事とバックティーでのコンペ形式でのプレイが相まってOBとペナルティ連発でスコアを崩してしまいました。


(1)6月以降の最初の課題は、知っている知らないに関わらず、コース攻略マップを必ず作る事とプレイ中にマップを見ながら、障害物、高低差、ハザードの位置や距離を確実に把握しながら、一打一打を大切に慎重にショットする事です。

(2)ティーショットのプッシュアウトスライス撲滅を目指します。RyomaのD-1Maxima ドライバーのリシャフトを行い、ヘッドの戻りが少し早くなるセッティングに変える事と、先月から始めたシャットに上げてシャットに下ろす、フェースの開閉を抑えたスイングでスライスを無くします。

(3)生芝・生砂の練習場を活用したアプローチとバンカーショットの練習を継続しますが、今月は闇雲にたくさんボールを打つのではなく、一打一打場所を変え、明確に狙いを定めて90%以上をワンピン圏内に落とす、”目指せ寄せ名人” 練習を開始します。

ここまで読まれた方は下記のバナーをクリック御願いします。

にほんブログ村 ゴルフブログ シニアゴルファーへ
にほんブログ村

« 5月の課題、練習方法と新兵器 | トップページ | クラブ本数を減らしてプレー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64633/61678235

この記事へのトラックバック一覧です: 5月総括:

« 5月の課題、練習方法と新兵器 | トップページ | クラブ本数を減らしてプレー »

フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

日本ブログ村