« アプローチとバンカー その一 | トップページ | クラブ本数を減らしてのプレー パート3 »

2015年7月19日 (日)

クラブ本数を減らしてのプレー パート2

6月11日の記事 ”クラブ本数を減らしてのプレー” (記事に跳びます)でクラブ本数を9本に減らして初めてのコース(イーグルレイクCC)で85をマークした事をご紹介しましたが、クラブ本数を減らす練習を推奨した友人のシングルプレーヤ以外にも、”5月の課題、練習方法と新兵器”でスーパーシャット君をご紹介したクラブアナリストのマーク金井氏も7本プレーを強く推奨されています。7/17付けのマーク金井さんのブログ に詳細が出ていますので、興味のある方は覗いてみて下さい。

マーク金井さんのブログを読んだ翌日、家から近いクリアビューCCで薄暮プレー(午後2−3時頃からのセルフ9Hプレー)を行いました。通常はその時々の課題やショットの確認を兼ねた練習ラウンドなのですが、今回は7本で真剣にプレーしたらどうなるか?を試す意味でラウンドしましたが、結果は下記:

1

使ったクラブは1W,5W,4U,8I,PW,AW,Ptの7本、河川敷なのでアップダウンは少ないですがそれなりに距離もあり、昨日は雨風も結構ありました。結果はダボ無し3パット無しのインコース42で、今までのクリアビューCCインコースベストタイのスコアでしたし、なによりダボトリが無いラウンドは久しぶりでした。

日頃14本を駆使して出したベストスコアと同じスコアを半分の7本で出せる事がまたしても証明されたわけですが、プレーしながら分かった事があります。

1。マーク金井さんもブログで書かれていますが、どのクラブをどのように使ってどこにボールを落とすか?ティーショットから頭はフル回転します。
いかにハザードを避け、風を読み、パッティングしやすいグリーンの場所に何打目で落とすか? 所謂ゴルフ脳が鍛えられます。7本のですのでパーオン率は下がりますが、ボギーオン2パットのボギーが守るべき線となり、クレバーな攻め方(例えば残り200ヤード向かい風を3Wフルショットでツーオン狙うと言った難しい攻め方がしたくても出来ない)が出来、結果的にボギーペースより3打良くなりました。

2。クラブ本数が半分になるという事はもし使用回数が同じなら、クラブ1本の使用回数が倍になりますが、現実には1WとPtは両ケースとも同じ回数なので、残り5本の使用頻度が倍以上(1WとPtを抜いた12本と5本の使用回数なので単純計算で2.4倍)になります。
その為に、例えば同じ8番アイアンをいつもより倍以上振る事でスイングが早くに安定します。また8Iで110-140yardsをカバーしますので、自ずから振り幅と力による距離のコントロールに多くの注意が注がれ、その結果としてミスショットが減ります。

3。同じクラブでも状況によって距離や打ち方を変えざる得ず、何回もやっているうちに技(引き出し)が増えてくるとおもいます。

もう少し試してみたいので今月はもう一回薄暮で7本プレーをやってみますが、このプレーの先にシングルへの道があると感じています。


ここまで読まれた方は下記のバナーをクリック願います〜

にほんブログ村 ゴルフブログ シニアゴルファーへ
にほんブログ村

« アプローチとバンカー その一 | トップページ | クラブ本数を減らしてのプレー パート3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64633/61916598

この記事へのトラックバック一覧です: クラブ本数を減らしてのプレー パート2:

« アプローチとバンカー その一 | トップページ | クラブ本数を減らしてのプレー パート3 »

フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

日本ブログ村