« 6月総括 | トップページ | クラブ本数を減らしてのプレー パート2 »

2015年7月 6日 (月)

アプローチとバンカー その一

6月の総括で書きました様に、今月のテーマはアプローチとバンカーでのトップやダフリ解消です。米国を含めたネットや雑誌や本から、基本の打ち方やレッスンを学んでいますが、アマチュアから見ると千差万別に見えます。実は言い方や書き方やまとめ方や力点の置き方、言外で前提条件にしていたり敢えて言わなかったと言う違いであり、基本は同じなんだろうな〜とは思うのですが、特に日本のレッスン本の説明は各自の違いを大きく感じます。

ゴルフの基本は個人プレーなので、プロはそれぞれの解釈で個性豊かなスイングをしてきた歴史から生まれる教え方の違いだと思うのですが、アメリカの様にPGA自体がレッスン内容を標準化し、違いは教えるプロの少しの考え方や教え方の
個性というレベルまで客観性が高まれば、日本のゴルフレッスンももっと飛躍的に進化すると思えて仕方ありません。

さて玉石混交の教本調査の中で、ゴルフダイジェストでVTRレッスンを連載している中井学氏のアプローチとバンカーショットのレッスン (ページに跳びます) が気になりました。説明がアマチュアにも分かりやすく、状況に応じた構え方の違いが説明の中心で、打ち方は基本的に同じという考え方が気に入りましたので、今月はこの構え方で練習してみます。
下記のノートに従って練習しているうちに、自分なりの肉体言語になっていく事を期待します。


0。転がせるならまずは転がす:
→グリーン手前花道は左足上がりが多いのでパター、8I、9Iで転がす
→ボール近くに立ちヒール側が浮く様に構える(ダフリ防止)
→ボールを真ん中に置いてパッティングと同様に肩で振る
1。基本のアプローチ:
→オープンスタンスでハンドファースト、ボールは真ん中より少し左
→手先を使わないで胸の向きの入れ替えで等速に振る
→距離と高さの基準はPWを使って練習、SW、AWはその応用
2。爪先下がりのアプローチ:
→ボールが遠くなるのでトップしやすくなる
→両足のスタンス幅を広げ前傾角度を変えないで腰を落として構える
→後は基本のアプローチと同じ
3。爪先上がりのアプローチ:
→ボールが近くなるのでトップダフリやすくなる
→まずはクラブを短く握る
→引っ掛けやすくなるので、ハンドファーストを解きシャフトを地面
 に垂直に構え、シャフトを中心に反時計回りに回りこんでスタンス
 を決める(オープンスタンス)
→後は構え通りに基本と同じ打ち方
 
4。左足上がりのアプローチ:
(1)ピンが近い時は、スタンス広めで傾斜に沿って構え、体の回転
   で加速させないで等速でゆっくり打つ
(2)ピンが遠い時はランニングアプローチで球足を長く。重力に垂
   直に構えオープンスタンスとし、傾斜なりにインサイドアウト
   で振る。フェースの向きを変えず打ち込まないで振る 
5。左足下がりのアプローチ:
→難しいので無理に上げようとせずに低く打ち出すつもりで振る
→広いスタンスでボールは真ん中傾斜に沿って構え傾斜に沿って振る
→ターゲットに対してヘッドを自然にまっすぐ引く
→決して手で打ちに行かないで肩をシーソーの様に縦に回す
6。高い玉でのアプローチ:
→上げるのでボールは左かかと線上
→ハンドファーストを解き体の中心に手が来る様に構え、バンカーシ
 ョットの様にボール少し手前からソールを滑らせるイメージ
→後はフェースを変えず、ヘッドの重さを感じながら積極的に振る
7。グリーン奥の難しいライで下りライン:
→ハンドファーストを解き芝を切る(刈る)イメージ
→ヒールを浮かさないでパターの様に肩で等速に振る
8。アプローチの距離感:
→振り幅よりは体の回転速度で距離感を作る
→同じ位置から10/20/30ヤードを打ち分けて自分の変速機を見つける
9。基本のバンカーショット:
→ハンドファーストを解きボールは中心よりやや左側
→体の中心線にヘッドを落とす。リーディングエッジから砂に入れない
→ボールの下にバウンスを落としてパーンと言う音を出すイメージ
→砂とボールが同じ方向に飛んでいくはず
10。バンカーショットでのトップやダフリ
→体が早く回転(ヘッドアップ)でトップ、右肩が下がって打ち込み
 に行ってダフリが出る
→右サイドの余計な動きを止める為、右脚の外側に体重を掛けるか、
 右足のつま先を少し浮かした状態を維持しながら打つと防止できる
練習の結果を踏まえた評価は次回《アプローチとバンカーショット その二》で報告します。
ここまで読まれた方は下記のバナーをクリック御願いします。

にほんブログ村 ゴルフブログ シニアゴルファーへ
にほんブログ村

« 6月総括 | トップページ | クラブ本数を減らしてのプレー パート2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64633/61846491

この記事へのトラックバック一覧です: アプローチとバンカー その一:

« 6月総括 | トップページ | クラブ本数を減らしてのプレー パート2 »

フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

日本ブログ村