« グリーンの攻め方 パート2 | トップページ | ゴルフと肉体的障害〜パート2 »

2015年8月31日 (月)

8月総括〜雨との戦い

8月のゴルフはとにかく雨との戦いでした。平均スコア的には前回のブログ記事で紹介した様に少し悪い程度でしたが、雨の時のスコアは毎回4−5打スコアを落としました。ただ先週末の軽井沢ゴルフ合宿である意味開眼したと思える体験をしましたので、今回の総括は先週末のゴルフ顛末を友人とのFaceBook上でのやり取りをご紹介する形で行います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

私:週末は友人達と軽井沢ゴルフ合宿でしたが、既報の通り土曜日は朝からずーっと雨雨雨・・・雨が気になってか4人中3人はスイングが安定しないで右や左に飛んで、スコアも当然悪いので不貞腐れ、スーパーマーケットで出来合いのお惣菜をたくさん仕入れ、友人の別荘で午後4時から6時間の酒宴〜 四方山話をしながらビールとワインをシコタマ頂きました^^; 今朝は6時起床、浅間山方面の軽井沢高原ゴルフ場を目指しましたが、夜中じゅう雨雨雨、少しは違うかと淡い期待を持ったのに、山側のゴルフ場でもやはり雨雨雨、フェアウェイはすでにびしょびしょ、でも久しぶりの友人たちとせっかく軽井沢まで来たんだからと雨具着込んでスタートしたのですが、前日の安定しないスイングは更に悪化、トリプル連続のスタート、前半途中でハンディ無くなりました^^;頭にきたので途中の茶店でビール〜 ところがこれで吹っ切れたのかその後はナイスショット連発で連続パー、ランチ休憩を挟んだ後半も連続パーセーブでしたが、途中から大雨になって後半3ホールで中止しました。散々なゴルフでしたが、大きな収穫がありました。それは雨中でのスイングの乱れの基本的な原因を掴めた事でした。雨に打たれながらのショットの乱れ、トップやダフリ、引っ掛けやスライスは頭の位置や腰の回転や腕のローテーションやフェースの向き等の技術的な問題ではなく、雨に長く打たれたくない、濡れたくないので本能的にスイングが早くなっていた事が原因だと気がついたのでした。いつものテンポを思い出し、ゆっくりと1-2-3とテンポをカウントしながら打つと雨も泥濘も気にならないで打てる事を発見できました。今後の課題として、どんな状況下でも自分のテンポをチェック・維持する方法を練習(ビールではなく 笑)で見つける事にしました。止まったボールを打つゴルフは一見簡単そうですが、反射神経系を使えないし、頭は常に余計な事を考えるし、雨や風や寒さや暑さやモグラやカラス(笑)という自然との戦いなので体全体のバランスやスイングのテンポをいつも同じように維持するは本当に難しいと改めて体感しました^^;


Mさん:えっと、ストイック過ぎます。発見は素晴らしい。そして敬服します。でも、意義を見つけ出してやり続ける意味があるのかは個人的には疑問に感じています。


私:
所詮遊びなんだから大雨の中でゴルフする必要はない》は99%正しいと思いますが、私は《還暦過ぎゴルファーのシングルへの挑戦》をタイトルに掲げてしまっているので残り1%としてストイックに行きます(笑) でも、今回の発見は個人的に非常に大きいです。例えば向かい風に向かってのティーショットもまったく同じ原理が働きます。体が向かい風を感じるので本能が風に負けないぞ〜という抵抗をしますが、これが力みに繋がり早打ちになりやすいです。どのような自然状況も所与の物として平常心で受け入れるというゴルフ哲学を体で理解できたのですから、雨の中のゴルフも価値がありました!
ただし、同伴者を巻き込むのはマナー違反だと思いますので気をつけています。 今回も全員の意見交換(キャンセルする?ハーフで辞める?ご飯食べて考える?)を何度も繰り返して、最終的には皆の意見で後半3ホールでギブアップとなりました〜

Kさん:
ゴルフはメンタルで大きく左右されるスポーツですね~。何事にも動じない精神力を持ちたいですね。私はまだまだです。もう歳なんだから、競い合うより楽しめるゴルフを心掛けたいです。


私:
私も還暦過ぎてからは競い合うという気持ちは減りましたが、自分との戦いをストイックに追い詰める気持ちは高まりました^^;


Gさん:
ストイックというより、楽しめない状況を楽しむポジティブな考えだと思います。雨の日は「やったぁ、雨対策の練習ができる」風の日は「今日は低いボールを打つ練習になるぞ」ってな感じです。同様に、フェアウェイバンカーやラフに入った時も、「練習場ではできない練習ができる」と考えると、ネガティブなメンタルにならずに済みます。ただ、年齢が年齢なので、特に寒い日は無理しないようにしようね。


私:
発想の転換ですね。昨日は外気温16℃でびしょ濡れ、さすがに無理しちゃいけないと皆で考えて途中で止めました^^


Gさん:
怪我しない、風邪引かない、健康第一です。怪我や病気でゴルフができなくなったら、元も子もないからね。


私:実は今回4人中3人は最初から崩れたのですが、1人は土曜日にベストスコア +1の77を出しています。彼はアメリカ生活が長くすごく若い時に一回だけ76を出したそうですが今回は数十年ぶりの77だそうでした。アメリカでは雨合羽を着てまでゴルフはやらない習慣なので、彼はレインウェア自体持っておらず、普通の格好で自然体で傘さして淡々とゴルフをやってましたが、集中力が最後まで切れない素晴らしいゴルフでした。その彼でも日曜日はフェアウェイがびしょびしょだったので流石に影響を受け、皆と同様に崩れたのですが、その大雨の中で途中から私は雨に適応出来てきた(開き直りに近かったですが^^;)のが自分的には発見でした。練習場と違ってゴルフ場は自然の環境に大きく左右されます。無風で快晴で24℃じゃないと良いゴルフ出来ないでは、このスポーツを本当に知った事にはならないんだな〜と思えた時に、それぞれの環境をどの様に受け止め(雨だから楽しくないと考えないで、どの様に適応するかを考える)対処するか?もゴルフの重要な要素なんだと再認識したのでした。皆さんのコメントの様に精神力とも言えますし、逆境をポジティブに捉え直すとも言えますが、自分のメンタルの持ち方と、そのコントロール次第と体感したのでした。



ここまで読まれた方は下記のバナーをクリック御願いします!

にほんブログ村 ゴルフブログ シニアゴルファーへ
にほんブログ村

« グリーンの攻め方 パート2 | トップページ | ゴルフと肉体的障害〜パート2 »

コメント

尊敬する中部銀次郎さんのこんなエピソードを見つけました!雨の日は最初からびっしょり濡れていればリズムもテンポも変化しようがない! 素晴らしい心構えですが、なんだか1週間風邪引きそう^^; → http://www.nikkei.com/article/DGXMZO88412500T20C15A6000000/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64633/62190615

この記事へのトラックバック一覧です: 8月総括〜雨との戦い:

« グリーンの攻め方 パート2 | トップページ | ゴルフと肉体的障害〜パート2 »

フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

日本ブログ村