« 2016年1月 | トップページ

2017年1月

2017年1月10日 (火)

1年振りにブログ再開〜2016年年間プレー結果集計と対策

座骨神経痛発症から1年4ヶ月経ちました。

その間、週一回整骨院での鍼治療に加え、ほぼ毎日真面目にエゴスキュー体操と各種ストレッチ・筋トレを行って来たお陰で、今ではゴルフへの影響も最小限に抑える事が出来、『還暦過ぎゴルファーのシングルへの挑戦』を再開することにしましたgolf

そうは言っても老体に無理は禁物なので、次回ご紹介しますが新しい腰痛改善トレーニングも新年年初から開始しました。

今年はいつシングルになれるか?よりも、どれだけ長く健康にゴルフを続けられるか?が目標ですが、シングルを目指す看板は下げません。PDCAを回しながら真面目に努力していればいつかシングルゴルファーになれると信じていますのでo(*^▽^*)o

さて、2016年は坐骨神経痛もあり、ゴルフ再開後で一番少ないプレー数(32ゲーム)となりました。下のグラフの通り、平均スコアは95と2015年より1打悪くなっていますが、一番ショックなのは7回もあった100超えです。

1
平均より悪かったゲームのスコア詳細を見直してみて気が付いた事がありました。
それは朝一番の3−4ホールのスコアが極端に悪い時がスコアを崩す主因という事。

ゴルフのスタートは朝が早い事が多く、大体7〜8時台にはゲームを始めていますが、交通状態もあり常に十分なスタート前の練習や体操ができている訳ではありません。渋滞で遅れた時などはパッティング練習と数回の素振りだけでドライバーを振り回す事も多々ありますが、思い出して見るとほとんどのケースで上手くスタートできた試しがないのです。
経験則では分かっていましたが、PDCAを回す為にフロント9とバック9(ゴルフ場の違いやout/inの違い関係なく)での年間スコアの比較を下図で行って見ました。


2
グラフ化してみると明らかですが、75%のゲームでバック9の方がフロント9よりスコアが良く、平均で1.7打の差がありました。またフロント9では特に寒い季節に50超えが頻発してますが、バック9でも50超えが季節性なしに数回ありました。

この原因を悪かったゲームのスコアを見ながら、思い出しながら反省してみると:

(1)朝一番の準備運動や練習が不十分で運動できる状態ではなくスタートしていた
(2)ランチ休憩が長い時は朝一番と同じ状態となり、準備不足で再スタートしている

の2点が50超えの悪いスコアに大きく影響している事が分かりました。

この結果から、今年は下記をルーティン化してまずはハーフ50超え撲滅を目指します。

(1)1時間以上前にゴルフ場、または近くの練習場に到着して、念入りのストレッチと体温を上げる準備運動を行い、最低でも50球以上のショットやアプローチ練習を行う。
(2)スタート3〜5ホールは80%程度の出力で安全第一のゲームプランを組む
(3)ランチは軽く取り、再スタート時間の15分前から再度ストレッチと準備運動を行う
(4)バック9も最初のホールでは無理をしないで安全運転を心掛ける
このルーティン化の結果は来月ご報告しますが、次回は新しい腰痛改善トレーニングを紹介します。
にほんブログ村 ゴルフブログ シニアゴルファーへ
にほんブログ村

« 2016年1月 | トップページ

フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

日本ブログ村