2015年2月19日 (木)

私の教本

どんなスポーツも若い時に始めるのが一番上達が早いのは自明の理です。世界中のオリンピック強化選手は皆Jr時代から厳しくトレーニングされていますし、テニスの錦織君もJr時代に才能を見出されています。ゴルフでもリディア・コーや松山選手は小さい時からゴルフに親しんでいます。ですから、還暦過ぎてからゴルフをうまくなるのは至難の技と思っていましたが、サラリーマンをやりながら中年過ぎてから頑張ってシングルになった人の本を読んでから考えが変わりました。最初に読んだのは山口信吾氏の《月イチゴルファーが無理なくシングルになれる72の法則》でした。

Img_4436

著者は43歳でゴルフを始めたサラリーマンで、52歳から競技会参加で真剣にゴルフに取り組み始めシングル寸前まで到達、その後57歳で師匠となるコーチに出会い2年でシングルになった人ですが、この山口さんのシングルへの道を分かりやすく72の法則に纏められた本です。プロゴルファーやゴルフコーチとの一番大きな違いは、体へのフォームや打感の刷り込みが可能な若い時にはゴルフをまったくやっていない普通のサラリーマンが、仕事と同じ目標や計画や問題点把握等のPDCAサークルを論理的に回して達成した方法論である点で、私のトレーニング方法や取り組み方法も、山口さんの本を教本としてお手本として活用させて頂いています。先月、山口さんの最新の著書《死ぬまでゴルフ! ゴルフ人生を全うするための18訓

→ Img_4437

を読みました。現在71歳の山口さんが一生ゴルフを楽しみ続ける為の秘訣を述べられていますが、前出の本と前半は共通点も多いのですが、後半はイギリスのリンクス探訪を含め、如何にゴルフ人生を楽しむか?に力点が置かれています。山口氏は私より10歳年上ですので、お会いしたことはないのですが心の中では大先輩として目標にさせて頂いておりますdelicious

最後まで読んだら・・・⇩ クリック! にほんブログ村 ゴルフブログ シニアゴルファーへ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

日本ブログ村